1. HOME
  2. CLUB HARLEY
  3. ファットボーイ114(FAT BOY114)2020年モデル/ハーレーカタログ

ファットボーイ114(FAT BOY114)2020年モデル/ハーレーカタログ

モダンテイストを極めた極太タイヤモデル

ウイリー・G・ダビッドソンがデザインを手がけ1990年にデビューした“ファットボーイ”。ハーレーの伝統的な前後16インチホイールの旧車風シルエットに、爆撃機をイメージしたシルバーの外装、当時は珍しかったディッシュホイールを採用してカスタムテイストを強く打ち出した。その後、モデルチェンジを重ねるうち、モダンさが強調されていった。その現行モデルは、フロントとリアに極太タイヤを採用するなど、モダンさを極めたデザインだ。2020年モデルから114エンジンのみのラインアップになった。

ファットボーイ114(FAT BOY114)ディテール紹介

リアタイヤは極太サイズの240mmを採用。それに伴ってリアフェンダーは深いタイプではなく、ショートタイプに。

フロントタイヤとしては異色の160mmサイズを採用。そのためトリプルツリーなどのフロントまわりはファットボーイの専用設計品。

斬新なデザインで登場したファットボーイ初期型


爆撃機をモチーフにしたカラーリングと、前後にディッシュホイールを採用してデビュー。カスタム車のようなルックスで世界的にヒットした。

ファットボーイ114(FAT BOY114)データ

FAMILY

ソフテイルファミリー

Engine

ミルウォーキーエイト114

新車価格帯

272万300円〜280万5000円

※こちらに掲載されている情報は2019年12月時点のものです。

関連記事