1. HOME
  2. CLUB HARLEY
  3. CVOファミリー 2019年モデル一覧/ハーレーカタログ

CVOファミリー 2019年モデル一覧/ハーレーカタログ

ハーレーダビッドソンのCVOファミリー2019年モデル一覧をご紹介します。気になる各ディテールを豊富な写真とともに詳しく解説。足つきなど、実際にハーレーを購入する際に大切な情報なども満載でお届けします。

CVOロードグライド(CVO ROAD GLIDE)「走りのポテンシャルを強化した、至高のカスタム」


ハンドリングに影響しない、フレームマウントのフェアリングを採用する“ロードグライド”は、走り屋ユーザーから人気のモデル。それをベースに、さらなるカスタムを施した。見どころは他のCVOと同じく、ミルウォーキーエイト117を搭載している点だが、このモデルにのみ装備された高効率のエアクリーナーやセットアップの違いによって最もトルクフルな味付け。また、フロントに大径21インチホイールを採用したほか、ウインドシールドも非常に短いモノを装備するなど、見た目も中身もスペシャルだ。
[article_link postid=”546568″]

CVOストリートグライド(CVO STREET GLIDE)「すべてがノーマルを凌駕するメーカーメイドのカスタムマシン」


バガースタイルで人気を博している“ストリートグライド”をカスタムすることで、さらに完成度を高めた。エンジンは、ハーレー史上最強のミルウォーキーエイト117を搭載し、走りはまったくの別物。そのほか、ロワーフェアリングが追加された外装にはプレミアムペイントが。さらにハンドルやステップなど細部まで純正パーツをおごるなど、スぺシャル感あふれる仕上がり。サドルバッグにはスピーカーが追加され、上質なサウンドが楽しめることも特徴だ。オーナーの所有欲を存分に満たしてくれる一台。
[article_link postid=”546573″]

CVOリミテッド(CVO LIMITED)「最上級グレードのツアラーをカスタムでさらにグレードアップ!」


最上級グレードのハーレーである“ウルトラリミテッド”をベースに、ハーレー社がカスタムを加えたモデル。排気量を1923㏄に拡大したミルウォーキーエイト117エンジンを搭載しているほか、高級感あふれるスーパープレミアムフィニッシュの塗装、さらにフロント19、リア18インチのカスタムホイールや、細部に至るまで上質な純正アクセサリーパーツをふんだんに使用するなどCVOならではの最高級モデルに仕上げられている。Bluetooth 対応のヘッドセットを2つ標準装備するなど、ユーティリティも万全だ。
[article_link postid=”546582″]

関連記事