1. HOME
  2. CLUB HARLEY
  3. アイアン883(IRON883)2019年モデル/ハーレーカタログ

アイアン883(IRON883)2019年モデル/ハーレーカタログ

低くコンパクトなシルエットのボバースタイルを採用

ボバーとは、第2次世界大戦後に流行したカスタムのスタイル。当時のハーレー乗りは、レーシングマシンを真似て、市販車の前後フェンダーを短くカットしたという。これが今、世界的に注目を集めているのだ。このモデルはそんな流行を受けて、ハーレー社が現代流のボバーとして作り上げたもの。コンパクトな車格、そして短くカットしたようなリアフェンダーが特徴だ。また、ナローフォークやフロント19、リア16インチというホイールサイズなど、昔ながらのスポーツスターの面影を残すモデルでもある。

アイアン883(IRON883)のディテール紹介



ドリルド加工によって軽量化されたフロントフェンダー、そしてベルトガードが旧きよき時代のレーシングマシンを彷彿とさせる。


排気量は伝統の883㏄。持て余すことがなく、“使い切る気持ちよさ”を堪能できる。最もベーシックなモデルといえる。


シンプルなソロシートを採用。小ぶりながら肉厚で、腰をしっかりホールドするのでツーリングでも疲れにくい。


これぞスポーツスターな形状のタンクは、12.5リットルの容量を確保。小ぶりな見た目に反し、ガソリンはそこそこ入る。


ショートタイプのサスは無段階でプリロード調整が可能。衝撃吸収性、そしてダンピング性能に優れ、軽快な走りを実現。


フォークブーツを備えたオーソドックスなフロントフォークだが、中身は最新式のカートリッジ式。快適な走りに貢献。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm


ボバーというからには前傾姿勢なのかと思ってしまうが、またがると意外と普通。腕や足にゆとりのある絶妙なポジションといえる。また、足つき性が抜群にいいこともポイント。

アイアン883(IRON883)データ

FAMILY

スポーツスターファミリー

Engine

エボリューション

新車価格帯

134万8500円~137万6500円

※こちらに掲載されている情報は2019年7月時点のものです。

関連記事