1. HOME
  2. コラム
  3. ニューモデル
  4. バイク
  5. ウルトラ リミテッド ロー(ULTRA LIMITED LOW)【2019年モデル/ハーレーカタログ】

ウルトラ リミテッド ロー(ULTRA LIMITED LOW)【2019年モデル/ハーレーカタログ】

ウルトラ リミテッド ロー(ULTRA LIMITED LOW)【2019年モデル/ハーレーカタログ】

フラッグシップモデルの足つき性を向上!

フラッグシップモデルといえる“ウルトラリミテッド”だが、その車重、そして大きさから持て余しそう……と躊躇してしまう人も多いことだろう。そんなニーズに応えてくれるのが“ウルトラリミテッド ロー”だ。基本装備にほぼ変わりはないが、前後にローダウンサスペンションを備えて、足つき性を向上。着座位置の低いシートと相まって、ツーリングファミリーの中で最も低いシート高を実現した。さらに、通常より細いグリップを採用することで、ハンドルを握って取り回す際の安心感を高めている。

ウルトラ リミテッド ロー(ULTRA LIMITED LOW)のディテール紹介


着座位置を低くした専用の薄いシートを採用。


停車時や取り回し時にパッセンジャー用のフットボードがライダーのふくらはぎに当たって邪魔にならないように、スリムなタイプを採用している。


握りやすいスリムなグリップを装備。操作性も高い。


フェアリング裏とツアーパック内にシガーソケットを装備。用品店で売られているアダプターを使えば電源になる。


オーディオのわきにUSBポートを備えた収納スペースが。iPhone やスマートフォンを接続し、そのまま収納可能。


タンクのコンソール部と後部座席のわきには純正の“インカム”を付けるジャックが。会話や音楽を楽しめる。


ウルトラ系の魅力の一つが大容量の収納。ツアーパックと左右のサドルバッグを併用すれば、二人分の荷物もOK。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm


ウルトラリミテッド譲りの長距離ランをラクにこなせるライディングポジションはそのままに、肉薄なシートによって着座位置を低く、ローダウンサスにより足つき性も向上した。

ウルトラ リミテッド ロー(ULTRA LIMITED LOW)データ

FAMILY

ツーリングファミリー

Engine

ツインクールド ミルウォーキーエイト114

新車価格帯

386万7800円~404万1800円

※こちらに掲載されている情報は2019年7月時点のものです。

関連記事